ほのめかし対策

■通勤途中や買い物などの外でのほのめかし対策■


ほのめかし攻撃に対しては、電車等の通勤時であれば、イヤホンで音楽を聴いたりして、とにかく絶対にほのめかし内容に耳
を傾けないこと。傾けると必ず振り回されます。

ありとあらゆる、「人の感情を逆なでする言動」をしてきますので、絶対に耳を傾けてはいけません。
私だけは、絶対大丈夫と思わないでください。 無視すること!!!

 あなたが壊れてからでは遅いのです。日本中に一体どれだけの人が、ストーカーたちにきれさせられて、傷害事件を起こした
り、社会的に不利な立場に追いやられているのでしょうか? ノイローゼになり、自殺する人もかなりいると思います。 
(毎日日本のどこかで100人近くが自殺しています。)


「騒音おばさん」事件をご存知の方は多いと思いますが、あの方も、集団ストーカーの「ほのめかし」により、はめられたとい
う説が有力です。
(詳細はインターネットで・・)

 私だけは、大丈夫とは絶対思わないでください。人間は弱い生き物です。肉体的な痛みにはある程度強くても、動物には少な
い、人間特有の精神的な痛みには自分が思う以上にもろいのです。

 「ささいなほのめかし」も、毎日毎日、延々続けられれば、どんなに不屈の精神の持ち主でも必ず壊れます。

 それから、ほのめかし攻撃に対して反撃するのも絶対にやめてください。

その場では、その個人に勝てたとしても、ますます集団ストーカーたちが勢いづき、どんな陰湿な手段をしてくるか
わかりません。  インターネットで調べればその陰湿さは、寒気がするほどです。


(
室内に病原菌をばら撒く、娘に男を近づけ麻薬付けにする、娘を風俗嬢に仕向ける、経営する事業をつぶしにかかる
被害者本人をとんでもない事件に巻き込む家に火をつける、サラ金地獄にする、出会わせない(結婚させない)、保険金目当てで
結婚して病気にして殺す
etc  背筋が凍ります・・・・)

 集団ストーカーは、あなたの苦しむ姿をみています。あなたが楽しそうにしていると非常におもしろくない訳で、できれば
必要な時以外は、いかにも「落ち込んでいる姿」を
見せてあげましょう。 ばかばかしいと思われるでしょうが、狙われてし
まった以上、自己防衛のためには実行してください。

あなたが楽しそうにすればするほど、いやがらせは、エスカレートしていきます。 
( 言葉 → 接触(事件の誘発) → 攻撃(仕向ける) )

 被害歴約20年の私が言うのですから、騙されたと思って私の言葉を信じてください。(もちろん現在も続いています・・・)

 私が今まで生きてこられたのもすべて「我慢」の結果です。 相手が、国家権力に関係すると思われる大きな組織である以上
今は悔しくても「我慢」しかありません。幸いにも現代は、インターネットで情報の開示が可能です。できるだけ、多くの人に
この現状を知ってもらうよう、集団ストーカーの壊滅を祈り、被害者から情報発信していきましょう。

■勤務先でのほのめかし対策■

 勤務先でのほのめかしについては、耳栓等で聞かない状況ができるのであればそれが一番です。私も耳栓が許される時間は
当然のごとくしていました。

 外周りの方は、よっぽど大丈夫かもしれませんが、問題は、社内で事務処理をされている方です。この場合は、無視して仕事
するしか仕方ありませんが、それでも相当きついです。 最善の策は、以下のロジックを何回も頭に叩きこみ、ひたすら実践す
ること!!!


事務所内での防御のためのロジック

@ ほのめかしされるからといって、決して組織から孤立しない。

A 孤立すれば、ますます絶好のストレス発散の餌食となる。

B 共通の敵ができると、一時的には組織に連帯感が生まれてしまう。

C 基本、小学校のいじめと同じだが、相手は感情のある大人である。

D 同じ釜の飯を食っている仲間にはある程度、同情がある。

E 加害者たちは、元々は、善人であり、たまたま集団ストーカーにまんまと利用されてしまっているだけである。

F 加害者たちも言ってみれば集団ストーカーに、道具として利用された被害者である。

G 何となくおかしいと思いながらも、長いものに巻かれろ方式の心境になっている人が多い。

H 加害者たちの「善―ZEN―」の心を目覚めさせるために、逆に今まで以上に積極的に話しかけ
  コミュニケーションをとり、誰とも距離を置かないこと。

I ほのめかされたことについては、絶対に言及しないこと。この部分は特に注意!!ここで詰め寄ってしまうと
  集団ストーカーの術中にまんまとはまってしまいます。
「頭がおかしい」扱いされ、負のスパイラルに入ってしまいます。

 絶対にほのめかされた事に対して反撃しないこと!!

J 精神の鍛錬だと思って、努めて冷静を装い、毎日を過ごしてください。知らず知らず、今後、あなたがどんな苦境に立たさ
  れてもびくともしない、強靭な精神力を得ることができることでしょう!!


HPへ戻る
HPへ戻る
inserted by FC2 system