様々な電磁波対策

電磁波は、あらゆる角度から攻撃されますが、室内にいる時の高い位置からの攻撃に対しては、天井裏でその攻撃を
防がねばなりません。

もちろん、アルミ製や鉛製の寝袋ででも、就寝すれば良いのでしょうが、不便で惨めに感じてしまうため、室内での
自由を制限されないためにも天井裏への対策がお勧めです。

 対策としては、天井裏に、市販の「アルミ箔」を敷き詰めるのが一番ローコストでしょう。(断熱効果もあり
冬場の光熱費削減にもなりまし、何よりご家族等がお見えになる方は、説得しやすい。
)

 アルミ箔は、電子レンジでの使用が禁止されていることからもわかるように、電子の遮断効果があります。

予算に余裕がある方は、鉛の板(又電磁波シールド材)を敷かれたら良いと思います。鉛は、厚ければ厚いほど
電磁波の遮断効果は上がりますが、但し、その家の強度の問題には十分気をつけてください。
重すぎて天井が抜けては、シャレになりませんから・・・・

少量であれば、工作用の鉛の板をハンズやカーマ等のホームセンターで購入されると良いでしょう。また電磁波
シールド材は、インターネットで検索するといろいろと出ています。
(メートル1万円程度のイメージ)

なお、マンション等で賃借している場合には、天井に穴を開けることができないため残念ながら難しいのですが
(ユニットバスがついている所は、天井裏から伝って室内の天井裏に行けることがあります。)、ホームセンターに
いくと点検口が、
1万円程度で販売されていますので、それを取り付けることになります。(天井への取り付けは
ちょっと面倒ですが、自分でやるのがコスト的には最高です。業者にお願いしても、作業料金として
2万もあれば
実施してもらえると思います。
)

■天井裏での電磁波対策■

■窓での電磁波対策■

@窓へのフィルム

 
電磁波攻撃を窓から受けるのを防ぐためには、フィルムを貼ります。紫外線カットにもなり、冷暖房効率も
上がります。インターネットで、「電磁波シールド窓フィルム」と検索すれば、いろいろと出てきます。


 相場としては、メートル10,000円〜15,000円前後で手に入ります。予算に応じて選択してください。
私見ですが、窓は外部からの攻撃を受けやすいと思いますので、より高性能のフィルムを貼っておいた方が
良いと思います。

Aカーテンの設置

電磁波攻撃の防御力を挙げるために、電磁波遮断カーテンの設置が良いと思います。価格は、材質により開きが
あるため予算に応じて購入してください。
 メートル1万円ぐらいのイメージでしょうか。

■内装での電磁波対策■

内装の防御策としては、嬉しいことに、電磁波をブロックするクロスがあります。

通常のクロスと同じ取り扱いなので、予算がある方は、室内クロスの張替え時に検討されたらいかがでしょうか? 
「電磁波遮断壁紙」で、インターネットで検索されれば出てきます。メートル
1万円ぐらいですが、自分で張るの
は難しいので材料代金とは別に、工事費用
(13万〜5万が相場でしょうか?作業面積にもよります。)が発生します。

(天井に貼り付けて使用することも可能です。)




HPへ戻る
HPへ戻る
inserted by FC2 system